Project Binder
 手軽にプロジェクト単位の「工程表(ガントチャート)作成」
「進捗管理」「ファイル管理」がはじめられるプロジェクト管理ソフトウェア
PoliteSoft    
 検索  
2017年12月18日  
機能紹介 > ソフト概要
   機能紹介 最小化  
    
   ■ ソフト概要 最小化  
「Project Binder」は、プロジェクトの管理を目的としたソフトウェアです。管理ソフトを使用すること自体に時間がかかったり、面倒くささを感じさせないように、可能な限りシンプルで、直感的な操作ができるように心がけて開発しています。

主な機能は、以下の通りです。

(1)プロジェクト単位のファイル管理
   ・「見出し」「ガントチャート」「外部ファイル(エクセルやワードで作成した
     ファイル)」をプロジェクトに追加することで、プロジェクト単位のファイル
     管理が可能になります。
   ・[見出し]を分類別やバージョン別に作成することにより、お好みの形式で
     ファイルを管理することが可能になります。
   ・複数のプロジェクトを同時に管理することができます。

(2)ガントチャート形式による工程表作成と進捗管理
   ・マウス操作により、各タスク(作業)の計画を作成することができます。
   ・計画の移動や計画間のリンクを追加することができます。
   ・タスク(作業)をグループ化することができます。
   ・マイルストーンを設定することができます。
   ・タスク(作業)単位に、各計画及び進捗の外枠色、内部色を
     変更することができます。
   ・指定日にイナズマ線を描画することができます。これにより一目で進捗遅れ
     を把握、管理することが可能になります。

(3)フォルダビュー(簡易エクスプローラ)
   ・任意のフォルダを登録(マウント)することで、必要なファイルに素早く
     アクセスすることが可能になります。
   ・ファイルに関連付けされているソフトウェアで起動することができます。
   ・ファイルの詳細情報(作成日、更新日、属性、暗号化等)を閲覧すること
     ができます。
    
   ■ 全体画面 最小化  
「Project Binder」の全体画面です。

全体画面
(画像クリックで拡大)


(1)バインダパレット
   ・プロジェクト単位のファイル管理機能を提供します。
   ・複数のプロジェクトを追加・管理できます。
   ・見出しにより、分類別やバージョン別など好みの形式でファイルが管理
    できます。
   ・外部ファイル(エクセル、ワード等で作成したファイル)が追加できます。
   ・外部ファイル、ガントチャートの複製が簡単にできます。

(2)パーソナルパレット
   ・プロジェクト単位で管理しない個人的な機能を提供します。
   ・簡易エクスプローラを実現した「フォルダビュー」で、素早くファイルに
   アクセスできます。

(3)サブウィンドウタブ
   ・表示中のサブウィンドウ一覧をタブ形式で表示します。これにより、素早く
     ウィンドウを切り替えられます。

(4)サブウィンドウ
   ・ガントチャートやフォルダビューのウィンドウが表示される領域です。


 ガントチャート(工程表作成・進捗管理)へ
    
Copyright (C) 2006 - 2014 PoliteSoft All rights reserved.